純米

八重垣 純米 ひやおろし

■720ml/1,350円(税抜 1,250円)
■1800ml/2,700円(税抜 2,500円)

冬に造り終えた辛口純米酒を春から夏にかけ蔵で囲い、秋風が心地よい頃に蔵出しするお酒です。優しく熟成された味と香りの調和をお楽しみください。

※クール便での発送となります
  • 容量: 
数量:

テイスティングノート

■原料米/国産米
■精米歩合/65%
■アルコール度数/15度
■日本酒度/+3
■酸度/1.8
■アミノ酸度/1.7
□おすすめの飲み方/冷酒、常温、ぬる燗

※上記の数値は参考数値です
------------------------------------------------------------------------
720ml (1.25kg / サイズ 75×75×300mm)
1800ml (2.75kg / サイズ 105×105×400mm)

八重垣 純米 ひやおろし


シャルドネワインの様なミネラルの香りとすじの通った強さを感じる香り。優しい甘さを感じるほんのりとしたお酒。魚介類全般、特に青魚のお料理と相性が良い。

八重垣 純米 ひやおろし

フードペアリング


秋刀魚の刺身、秋刀魚の塩焼き、肉じゃが、イカの塩辛、かぼちゃのグラタン、銀杏のバター焼き、秋なすの煮浸し

八重垣 純米 ひやおろし

ひやおろしとは


「ひやおろし」が誕生したのは江戸時代。冬に造られた新酒が劣化してしまわないように、春先に一度火入れしたものを大桶に貯蔵したまま夏を越し、2度目の火入れをしない「冷や」を大桶から樽に「卸し」出荷したことから「ひやおろし」と名づけられたお酒です。

暑い夏を涼しい温度で保たれた酒蔵で熟成を深めながら眠り、秋の訪れを感じるようになったころに出荷される「ひやおろし」。舌触りは滑らか、なのに濃密なとろみが特徴の味わいは秋の味覚にぴったりの一本です。